東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 芹澤研究室
ENGLISH
Fusion of Polymer and Biological Sciences
J. Mater. Chem. B誌のBACK COVERに掲載されました。
Chem. Commun.誌のINSIDE BACK COVERに掲載されました。
研究室旅行に行ってきました。
Bull. Chem. Soc. Jpn.誌のINSIDE COVERに掲載されました。
BBQを行いました。
Chem. Commun.誌のINSIDE BACK COVERに掲載されました。
関東高分子若手研究会で3人の学生が受賞しました。
Chem. Commun.誌のBACK COVERに掲載されました。
Chem. Commun.誌のBACK COVERに掲載されました。
高校生向けの公開講演会を開催しました。
Chem. Commun.誌のBACK COVERに掲載されました。

研究室について

ようこそ芹澤研究室へ

当研究室は2011年11月に新しくスタートした研究室です。生体由来の高分子(ペプチド、タンパク質、多糖、ウイルスなど)がもつ秘めた機能や特性を発掘し、工学材料として応用する研究を行っています。高分子化学、有機化学、物理化学を基礎とし、最新のバイオテクノロジーを駆使しながら、高分子科学における新たな学術領域の開拓にチャレンジしています。斬新かつ独創的な発想をもとに医療・環境・エネルギー・製造分野などに貢献することを目指しています。2012年4月に新たなメンバーを加え、本格的に実験を開始しました。当研究室に興味のある方は右端のメニューから詳しい情報をご覧ください。

ニュース
  • 東工大研究室紹介冊子 LANDFALLで当研究室が紹介されています。
  • 2019.1.11
    昨年度博士の学位を取得した家高博士(現・東京理科大助教)が、本学から手島精一記念研究賞(博士論文賞)を受賞することが決定しました。
  • 2019.01.09
    新年会・公聴会打ち上げを行いました。
  • 2018.12.26
    忘年会を行いました。
  • 2018.12.21
    第28回MRS年次大会(2018.12.18-20)において市川、深谷がセルロース材料について、滝澤が高分子結合性ペプチドについて発表し、澤田がウイルス材料について招待講演しました。
  • 2018.12.17
    1st Glowing Polymer in Kanto(2018.12.15)において鈴木が高分子結合性ペプチドについて発表しました。
  • 2018.12.07
    International Polymer Conference 2018(2018.12.04-07)において鈴木が高分子結合性ペプチドについて、野原がセルロース材料について、Laothamathikulが窒化ホウ素ナノ材料について、澤田がウイルス材料について発表しました。
  • 2018.11.22
    第27回ポリマー材料フォーラム(2018.11.21-22)において秦がセルロース材料について、澤田がウイルス材料について発表し、澤田の発表がパブリシティ賞を受賞しました。
  • 2018.11.16
    上田、前田が第8回CSJ化学フェスタ(2018.10.23-25)において優秀ポスター発表賞を受賞しました。
  • 2018.11.13
    第40回バイオマテリアル学会(2018.11.12-13)において前田がセルロース材料について発表しました。
  • 2018.11.03
    新歓を行いました。
  • 2018.10.31
    村田(平成27年度修士修了)が実施した繊維状ウイルスが配向したフィルムの高い耐熱性を示した論文がViruses誌に受理されました。
  • 2018.10.23
    鈴木が実施したペプチドの特異的な結合により温度応答性高分子の構造転移を誘導した論文(Chem. Commun. 2018, 54, 12006-12009.)がInside Back Coverに掲載されました。
  • 2018.10.08
    Journal of Materials Chemistry B誌に掲載された秦がまとめた総説(J. Mater. Chem. B, 6, 6334-6359.)がInside Back Coverに掲載されました。
  • 2018.10.01
    メンバーを更新しました。博士課程学生1名が新たに加わりました。
  • 2018.09.20
    第69回コロイドおよび界面化学討論会(2018.09.18-20)において田中道、澤田がウイルス材料について発表しました。
  • 2018.09.18
    秦がまとめたマテリアルを指向した分子クラウディング環境下での自己組織化に関する総説がJournal of Materials Chemistry B誌に受理されました。
  •  
  • 2018.09.06
    鈴木が実施したペプチドのポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)に対する特異的な結合が高分子の構造転移を引き起こすことを明らかにした論文がChemical Communications誌に受理されました。
  • 2018.09.03
    研究室旅行に行ってきました。
  • 2018.08.30
    1st International Conference on 4D Mateirals and Systems(2018.08.26-30)において澤田がウイルス材料について招待講演を行いました。
  •  
  • 2018.07.27
    第28回バイオ・高分子シンポジウム(2018.07.26-27)において秦がセルロース材料について、鈴木が高分子結合性ペプチドについて、澤田がウイルス材料について発表し、秦が優秀ポスター賞を受賞ました。
  • 2018.07.27
    Japan-Korea Joint Symposium on Polymer Science 2018(2018.07.23-27)において澤田がウイルス材料について招待講演を行いました。
  • 2018.07.24
    澤田が平成30年度東工大挑戦的研究賞を受賞しました。
  • 2018.07.20
    第47回医用高分子シンポジウム(2018.07.19-20)において前田がセルロース材料について発表し、最優秀ポスター賞を受賞ました。
  • 2018.07.07
    院試壮行会を行いました。
  • 2018.07.06
    林(平成29年度清華大プログラム修了)が実施した、多機能性グラフェンナノコンポジットを構築した論文がAdvanced Materials誌に受理されました。
  • 2018.06.15
    平成30年度繊維学会年次大会(2018.06.13-15)において澤田が高分子結合性ペプチドについて発表し、優秀口頭発表賞を受賞ました。
  • 2018.05.25
    第67回高分子年次大会(2018.05.23-25)において秦、野原、前田がセルロース材料について、上田、澤田がウイルス材料について、丹羽が高分子結合性ペプチドについて発表しました。
  • 2018.05.14
    第22回液晶化学研究会シンポジウム(2018.05.12)において澤田がウイルス材料について招待講演を行いました。
  • 2018.05.01
    BBQを行いました。
  • 2018.04.16
    秦が第98回日本化学会春季年会(2018.03.20-23)において学生講演賞を受賞しました。
  • 2018.04.06
    2018 Spring Meeting at Korean Polymer Society(2018.04.04-06)において澤田がウイルス材料について招待講演を行いました。
  • 2018.04.04
    Scientific Reports誌に掲載された高い熱拡散率を示すウイルス集合体の論文が本学ならびにJSTからそれぞれプレスリリースされ(ウイルスでできた熱伝導フィルムを開発:東工大JST)、日刊工業新聞、化学工業日報、財経新聞、科学新聞に記事が掲載されました。
  • 2018.04.03
    新歓を行いました。
  • 2018.04.03
    メンバーを更新しました。博士課程学生1名、修士課程学生2名、学部4年生3名が新たに加わりました(集合写真)。
  • 2018.04.02
    昨年度学位を取得した家高博士が東京理科大学の助教に着任されました。
  • 2018.04.01
    深谷が実施した、セルロースオリゴマーの酵素合成系の適切な制御によりハイドロゲル構築が可能であることを明らかにした論文がPolymer Journal誌に受理されました。
  • 国立大学法人 東京工業大学
  • 物質理工学院 応用化学系
English